テルマエ・ロマエの映画は酷いと聞いていたが・・・

テルマエ・ロマエは、見たい映画の一つでしたが、ひどいとSNSで話題になった時もあり、見ることが出来ずにいました。若いころ、阿部寛が好きだったこともあり、U−NEXSでは見放題映画となっていたので視聴しました。

 

単純に面白かったです。
クサクサしていた気分が晴れるほど、アホらしいコメディ映画で笑いながら見ました。

 

テルマエ・ロマエは2作映画化されています。
古代ローマ時代の浴場と、現代日本の風呂をテーマとしたコメディ映画となります。ふとしたきっかけで、現代日本にタイムスリップした古代ローマ人の浴場設計技師が、日本の風呂文化にカルチャーショックを覚え、古代ローマに戻り日本の銭湯を見本に浴場を作り大成功していく話です。
何度か行ったり来たりしているうちに、日本の銭湯の常連たちが古代ローマにタイムスリップします。歴史を変えないように奮闘します。

 

主人公である阿部寛が、大真面目なリアクションを返すので笑えます。
また、ヒロインの上戸彩はいつのまにかラテン語を習得していたりして・・・
題名の「テルマエ・ロマエ」は、ラテン語で「ローマの浴場」という意味なんだそうです。最初に、TをみたらUも見たくなります。

 

テルマエ・ロマエの登場人物

  • ルシウス(古代ローマ人)・・・阿部寛
  • 山越真実・・・上戸彩
  • ケイオニウス(古代ローマ人)・・・北村一輝
  • アントニヌス(古代ローマ人)・・・宍戸開
  • ハドリアヌス(古代ローマ人)・・・市村正親
  • 山越修造・・・笹野高史
  • 山越由美・・・キムラ緑子

 

阿部寛と北村一輝は普通にローマ人の中に溶け込んでいました。
上戸彩は銭湯の娘となります。

テルマエ・ロマエ

舞台は古代ローマ。
浴場を専門とする設計技師ルシウスは、昔ならではの落ちつける大衆浴場の建設を提案するが、採用されることなく失業状態に陥ってしまいます。落ち込むルシウスは大衆浴場に行くが、騒音がうるさく温泉の中にもぐり奇妙な排水溝を見つけ、そこから日本の銭湯にたどり着く。たどり着いた先ではローマ人ではない、平たい顔の民族と出会い、浴場の進化に驚く。

 

ルシウスは何度も自分の意志とは関係なく、ローマと日本を行き来しながら日本の銭湯のアイデアを古代ローマに戻り浴室設計して大成功を治めていく。更にはローマ帝王からも信頼を受け仕事を請け負うようになっていく。

 

 

 

とにかくローマ人と区別がつかない濃い顔立ちの出演者が良いです。
お風呂の入浴シーンが多いのに、いやらしくもなく笑える作品です。

 

テルマエ・ロマエ